Company運営会社

ソーシャルビジネスで映画文化を守る

映画業界の問題は社会課題の一つでもある

映画制作者を発掘・支援し、
その表現の場であるミニシアターを応援する。

そして日本の映画文化を守るため、
同じ課題認識をもった組織とのパートナーシップにより
インディペンデント映画のエコシステムを構築する。

シネマディスカバリーズはこうした活動を通して
映画業界の発展に貢献していきます。

身近な誰かの困りごとをみんなで解決する

コロナ禍、コンテンツ需給のアンバランス、 可処分時間のとりあい、若者の映画離れ…

世の中が大きく変化する今、映画文化はその存続においてさまざまな困難をかかえています。一方でコロナ禍において作品の多様性を保ち日本の映画文化を守ってきたミニシアターの存在意義が明確になりました。日本映画を活性化させる鍵はマイノリティです。マイノリティが活躍できる場を創ることで多様性が生まれ、それが日本の映画文化を下支えしてくれます。

今求められているのは、その担い手であり、とりわけ厳しい条件の下で活動を強いられている映画制作者の問題を解決していくことです。
そのためには映画に恩恵を受けたすべての人々が映画愛で繋がり力をあわせることが大切です。
映画文化の明るい未来のために。

シネマディスカバリーズ代表 福島亨

Vision⽬指す世界

制作者が継続的に映画制作を行える環境と
正当な対価を受取れる仕組みをつくる

Mission約束する⾏動

その⼈にしかできない表現で
映画を⽣み出している⼈を⽀えていく

History沿⾰

2020年3月
クラウドファンディング達成

2020年4月
サイトオープン、SVOD配信スタート。
作品レビュー、監督インタビュー記事の掲載スタート

2020年5月
名古屋シネマスコーレ製作作品の配信スタート、全収益をシネマスコーレに還元

2020年7月
コメンタリーライブ配信「ディスカバライブ」スタート

2020年9月
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020」オンライン開催

2020年10月
TVOD配信スタート。
連載企画「田中俊介のディスカバリージャーニー」スタート

2020年11月
「ラテンビート映画祭2020」オンライン開催

2021年3月
サイトリニューアル、コミュニティオープン。
SVOD配信終了

2021年7月
池袋HUMAXシネマズ コラボ企画 イベント上映『坪井篤史のカルトdeシネマ』スタート

2021年7月
名古屋シネマスコーレ コラボ企画 トーク配信番組『坪井篤史の映画の語り部屋』スタート

2021年9月
「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」オンライン開催

2021年9月
シネマルシェ コラボ企画 監督応援ポッドキャスト『こんじゅりのシネマストリーマー』スタート

2022年2月
サイトリニューアル、会員制度終了。
イベント事業「マイルームシアター 」、コラム「シネマ通信」スタート

Information会社概要

社 名 :シネマディスカバリーズ株式会社

設 立 :2019年12月

資本金 :4,100,000円

代表者 :福島 亨

事業内容:映画配信プラットフォームの運営 イベントプロデュース

サイト :https://cinemadiscoveries.co.jp

メール :

所在地 :101-0046 東京都千代田区神田多町2-1 神田東山ビル7F

〜Special Thanks〜

クラウドファンディングでご支援くださった皆さま

<スペシャルサポーター・永年会員>

今津貴博/インテレクトグループ/CVO/ 坪井健

<サポーター>

藤井 彰人

Takako Imazu/ 岡安淳司(アーガイル株式会社 代表取締役)/ ソンソン/ 武田公一/ 宮坂偉彦/ KM

あおやぎはる/ 有田孝弘/ 出口彰浩/ 今井景子/ 大芝義信/ KANA OKADA/てりま/ 日下裕輔/ ばん/ 小原まみ/ 黒田敏/ 小杉豊/Ko-Kichi Komoda/ サカタク/ 新谷善宣・美貴・円/ 世古雄紀/薬師丸カエ/ 高井孝訓/高田皓美/ 鉄人28ミリ/ 豊田匡孝/はやすすもん/ Daisuke.H/ 平原寛子/ 福井将人/ 溝口晴康/ 宮本健太/山口潤樹/ ジェニファ/ 山本健太/ ゆっきー/ 横道俊文/ Masaru Yoshii/ 渡辺覚/渡辺智史ほか

ページトップへ戻る