CINEMA DISCOVERIES

Profile

磯部鉄平

ビジュアルアーツ専門学校大阪卒業。
小谷忠典監督のドキュメンタリー映画『フリーダ・カーロの遺品』(2015)に海外撮 影スタッフとして参加。帰国後は映像フリーランスとして企業VP、MVのディレクターや、インディーズ映画のスタッフとして活動する。2016年から映画製作を開始。国内外の映画祭に多数入選、受賞する。2020年、初長編映画「ミは未来のミ」を含む5本の映画が劇場公開予定。

Information

▼公式HP

https://isobeteppei.tumblr.com
http://bellyrollfilm.com

 

▼UPLINK吉祥寺【磯部鉄平監督特集】ミは未来のミ+短編2作 日替わり上映
7月10日(金)~7月16日(木)上映

https://joji.uplink.co.jp/movie/2020/5466

 

▼UPLINK吉祥寺【磯部鉄平監督特集】予定は未定+オーバーナイトウォーク
7月17日(金)~7月23日(木)上映

https://joji.uplink.co.jp/movie/2020/5477

Filmography

▼主な監督作品
◯海へ行くつもりじゃなかった(2016/35min)
◯ユニバーサル・グラビテーション(2016/8min)
◯真夜中モラトリアム(2017/23min)
◯予定は未定(2018/27min)
◯オーバーナイトウォーク(2018/43min)
◯そしてまた私たちはのぼってゆく(2019/34min)
◯ミは未来のミ(2019/60min)
◯凪の憂鬱(2019/15min)
◯コーンフレーク(2020/95min)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

弟に映画専門学校のパンフレットをもらった。

Q.影響を受けた作品、監督は?

北野武

Q.仲の良い監督は?

「見栄を張る」の藤村明世監督
「霞立つ」の永井和男監督
「1人のダンス」の安楽涼監督
くらいでしょうか。

Q.関心のあるテーマは?

犯罪もの

Q.監督業の面白さは?

考えてたのより実際撮ってるものが面白くなっていくとこ 。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

嫌なことはしない。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

ミリー・ボビー・ブラウン、市川実日子

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

「ユニコ」

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

面白かったらいいなあ

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

「スーパー・バッド童貞ウォーズ」のマクラビン

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

「ほえる犬は噛まない」「ミレニアム・マンボ」「岸和田少年愚連隊」「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」

Q.好きな食べ物は?

セブンイレブンの牛肉かき玉あんかけうどん

Q.趣味は?

映画鑑賞

Q.愛読書は?

黒田硫黄「大王」
高野文子「棒がいっぽん」
山本直樹「夕方のおともだち」
角田光代「まどろむ夜のUFO」
町田康「くっすん大黒」

Q.邦洋問わず、お気に入りのスターは?

若尾文子、真野きりな、アンナ・カリーナ、ヴィルジニー・ルドワイヤン、スー・チー

Q.居心地の良い場所はどこですか?

河川敷

Q.インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待

長く続く事を期待しています。
映画祭で評判だったけどなかなか見れない映画が数多く配信されると嬉しいです。

 

磯部鉄平監督の作品