CINEMA DISCOVERIES

Profile

松本卓也

1976年生まれ、東京都出身。
映像制作チーム『シネマ健康会』の代表を務める。
約 10 年間、お笑いコンビとして活動していたが、相方にふられ解散。
その後、独学で映像制作の道へ。独立プロダクション形式で本当に作りたい、伝えたい作品を自主制作し上映を行う。単館系の商業映画も数本、手掛けている。そうして制作された作品は国内外数多くの映画祭で受賞。

Information

▼Twitter

シネマ健康会https://twitter.com/baka_staff
松本卓也
https://twitter.com/matsu301

 

▼YouTube 公式

松本卓也 (シネマ健康会) チャンネル
映画やドキュメンタリー、MVを無料公開中
https://www.youtube.com/channel/UCuACftEBA82ervVsrYSWwJA

Filmography

▼主な監督作品
◯『グラキン★クイーン』(2010/90min)
 ・さぬき映画祭 優秀企画賞
◯『花子の日記』(2011/115min)
 ・ゆうばりファンタスティック映画祭 コンペティション部門入選
 ・にいがた国際映画祭 クロージング招待作品
 ・さぬき映画祭 優秀企画賞&準グランプリ
◯『ココロネー』(2011/12min)
◯『ゴーメンスランパー』(2011/15min)
 ・日本芸術センター第3回映像グランプリ 入選
 ・はままつ映画祭ハママツ・シネマ・ワークショップ 入選
◯『ハナタレタ四重奏(カルテット)』(2011/4min)
◯『ペーパーロード』(2012/69min)
 ・栃木・蔵の街かど映画祭 入選
◯『男たちの馬歌(ばか) ~竜宮城に眠る宝の島変~』(2012/60min)
◯『七子の妖気』(2012/58min)
 ・栃木・蔵の街かど映画祭 審査員特別賞
 ・高砂映画祭 高砂商工会議所会頭賞
 ・いわきぼうけん映画祭 選出
 ・伊賀の國忍者映画祭 地ムービー入選
 ・にいがた妖怪映画祭 入選
 ・那須温泉映画祭 選出
◯『マイ・ツイート・メモリー』(2013/32min)
 ・ながおか映画祭インディーズムービーコンペティション 準グランプリ
 ・山形国際ムービーフェスティバル 選考委員特別賞
 ・田辺・弁慶映画祭 映検審査員賞
 ・栃木・蔵の街かど映画祭 アワード 審査委員特別賞
 ・大塚ショートフィルムフェスティバル グランプリ
 ・松本映画祭プロジェクト 商店街映画祭 山崎貴監督賞
 ・きりゅう映画祭
 ・調布映画祭 入選
 ・TOKYO月イチ映画祭 入選
 ・GAKUGAKU映画祭 入選
 ・夜空と交差する森の映画祭 入選
◯『funny company』(2013/5min)
 ・とよだビデオコンテスト 審査員特別賞
 ・佐賀大学コンテンツデザインコンテスト(一般部門) 入選
◯『LR Lost Road』(2013/27min)
 ・ちちぶ映画祭 グランプリ
 ・長岡インディーズムービーコンペティション 監督賞
 ・山形国際ムービーフェスティバル2014 観客賞&山形市長賞
 ・西東京映画祭 自主制作映画コンペティション 奨励賞
 ・TOKYO月イチ映画祭 グランプリ 受賞&年間グランプリ
 ・沖縄国際映画祭「クリエイターズ・ファクトリー」 入選
 ・小津安二郎記念 蓼科高原映画祭 入選
 ・日本芸術センター 第6回映像グランプリ 最終ノミネート入選
 ・高砂しあわせ映画祭 入選
 ・おもいがわ映画祭 ショートムービーコンペティション 入選
◯『テンプル・ナンバー・ゼロ』(2014/34min)
 ・那須ショートフィルムフェスティバル グランプリ
 ・ちちぶ映画祭 観客賞
 ・松本映画祭プロジェクト 商店街映画祭 山崎貴監督賞
 ・関前諸島岡村島映画祭 審査員特別賞
 ・西東京映画祭 入選
 ・岩槻映画祭 入選
 ・栃木・蔵の街かど映画祭 入選
◯『チエコ クエスト』(2014/30min)
 ・杉並ヒーロー映画祭 グランプリ
 ・長岡インディーズムービーコンペティション 監督賞
 ・賢島映画祭 ユニーク賞
 ・那須ショートフィルムフェスティバル 入選
◯『帰ろうYO!』(2015/39min)
 ・Kisssh Kissssssh 映画祭 グランプリ受賞
 ・SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 コンペティション部門 奨励賞&観客投票第1位
 ・したまちコメディ映画祭 観客賞
 ・FOX ムービー プレミアム 短編映画祭 優秀賞
 ・下北沢映画祭 観客賞
 ・SHORT SHORTS FILM FESTIVAL ASIA いばらきショートフィルム大賞 グランプリ
 ・TOKYO 月イチ映画祭 年間グランプリ
 ・日本芸術センター 映像グランプリ 若獅子賞
 ・Indy Film Festival (アメリカ) Audience award (観客賞)
 ・COSMOFEST in SUGINAMI 観客賞&審査員特別賞
 ・岩槻映画祭 短編プログラム グランプリ受賞
 ・招待上映:LAeigaFest (アメリカ) 札幌国際短編映画祭
  高雄映画祭(台湾) アシアナ国際映画祭(韓国) SSFF & ASIA 2015 特別上映(マレーシア)
  グアナファト国際映画祭(メキシコ)
◯『アバウトユウ』(2016/13min)
 ・渋谷国際映画祭 プレ上映
 ・鶴川ショートムービーコンテスト 入選
◯『ライブハウス レクイエム』(2016/79min)
 ・Carmarthen Bay Film Festival ( イギリス )  長編映画部門選出
 ・Asian Cinematography AWARDS (フィリピン) Finalist選出
 ・Sydney Indie Film Festiva (オーストラリア) Semi-Finalist選出
 ・MOOSIC LAB シネマスコーレ 横川シネマ!! グランプリ選出/ 京阪神サバイバル観客投票 3位
 ・Kisssh-Kissssssh映画祭 招待上映
 ・那須温泉映画祭 招待上映
◯『サーチン・フォー・マイ・フューチャー』(2016/97min)
 ・田辺弁慶映画祭 主演男優賞(松本卓也)/観客賞
 ・SeishoCinemaFes ベストアクター賞(松本卓也)
 ・Open Window International Film Challenge(インド)選出
 ・Accolade Global Film Competition(アメリカ)選出
 ・湖畔の映画祭 選出
◯『赤い炎の女』(2017/20min)
 ・関前諸島岡村島映画祭 審査員特別賞
 ・Calcutta International Cult Film Festival (インド)Best Short film Award Winner選出
 ・Beeston Film Festival ( イギリス )  選出
 ・Goa Short Film Festival (インド) 【FILM SELECTION】
 ・岩槻映画祭 入選
◯『ミスムーンライト』(2017/114min)
 ・Kisssh-Kissssssh映画祭 グランプリ
◯『Edge of Love』(2018/30min)
 ・Rome Independent Prisma Awards (イタリア) Best Short Film選出
 ・Short Film Factory (ヨーロッパ) Award Winner選出
 ・MINIKINO FILM WEEK 6 – Bali International Short Film Festival (バリ) 選出
 ・Indy Film Festival (アメリカ) World Cinema Shorts選出
 ・那須ショートフィルムフェスティバル 審査員特別賞
 ・広島こわい映画祭 入選
◯『ダイナマイト・ソウル・バンビ』(2019/104min)
 ・プチョン国際ファンタスティック映画祭(韓国)ワールドファンタスティック・ブルー部門選出
 ・ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 コアファンタ部門選出
 ・ARFF ベルリン インターナショナルアワード (ドイツ) BEST FEATURE FILM
 ・函館港イルミナシオン映画祭選出
 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

お笑いコンビ活動の傍ら、映画を趣味で制作していました。
その後、相方にフラれ途方に暮れ、すがりつく様な思いで映画制作を本格的に始めました。

Q.影響を受けた作品、監督は?

初め、根っこの部分は漫画やスピルバーグでしょうか。

Q.仲の良い監督は?

映画祭で出会った監督の皆さん。
と、こちらは一方的に勝手にそう思っています。

Q.関心のあるテーマは?

ア・ラ・ポテト 等、日本のお菓子のクオリティの高さ。

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

複数の人との交流。

Q.得意なジャンルは?

美術、技術、書道。
(が、そこそこの成績でした)

Q.監督業の面白さは?

複数の人との交流。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

楽しい撮影現場づくり。
編集時は無間地獄。

Q.映画とは?

観て楽しい悲しい、時には何も感じない、ビックリ箱の様なもの。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

各作品の個性。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

怖くない人。
合宿撮影が多いので最低限、協調性がある人。

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

作り手の個性。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

『春夏秋冬そして春』 のキム・ギドク

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」 シリーズ

Q.好きな食べ物は?

桃、梨、みかん、ウニ、中トロ、大トロ、刺身全般、サシが入った牛肉、肉全般、ア・ラ・ポテト、ピザ、キムチ、チョコフレーク、チーズケーキ

Q.趣味は?

映画鑑賞、温泉、ご当地グルメ散策

Q.愛読書は?

寄生獣

Q.邦洋問わず、お気に入りのスターは?

鳥山明、リュ・スワン、チャウ・シンチー、トニー・ジャー

Q.居心地の良い場所はどこですか?

天井が高くて広い、くつろげる空間。
窓から見える景色が素敵だと尚、良し。

Q.インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待

インディペンデント映画は、一般的に観る機会が少なく、入口も広くはないと思います。
その入口が少しでも広くなり、インディペンデント映画に出会う機会が増えるならば…
そんな素晴らしい事はないなと思います。

 

松本卓也監督の作品