CINEMA DISCOVERIES

Profile

高橋洋

1959年生まれ。
脚本家・映画監督。学生時代は早大シネマ研究会に所属、『夜は千の眼を持つ』など8ミリ作品を発表。映画同人誌「映画王」の編集にたずさわる。90年に森崎東監督のテレビ作品『離婚・恐婚・連婚』で脚本家デビュー。
主な脚本作品に、中田秀夫監督『女優霊』(95)『リング』(98)『リング2』(99)、北川篤也監督『インフェルノ蹂躙』(97)、黒沢清監督『復讐 運命の訪問者』(96)『蛇の道』(98)『予兆 侵略する散歩者』(17)、佐々木浩久監督『発狂する唇』(99)『血を吸う宇宙』(01)、鶴田法男監督『リング0バースデイ』(00)『おろち』(08)がある。なかでも『リング』シリーズは大ヒットを記録、世界にJホラーブームを巻き起こした。
04年『ソドムの市』で長編を初監督。『狂気の海』(07)、『恐怖』(10)、『旧支配者のキャロル』(11/ 映画芸術2012年ベスト4)、『霊的ボリシェヴィキ』(17)と監督作が続いている。 編・著書に「大和屋竺ダイナマイト傑作選 荒野のダッチワイフ」(フィルムアート社)、「映画の授業」、「映画の魔」(いずれも青土社)、稲生平太郎との共著「映画の生体解剖」(洋泉社)、脚本集「地獄は実在する」(幻戯書房)がある。
脚本最新作は三宅唱監督『Netflixオリジナルシリーズ 呪怨 呪いの家』(20)。

Information

▼公式HP

http://www.sodomnoichi.com

 

▼『霊的ボリシェヴィキ』公式サイトHP

https://spiritualbolshevik.wixsite.com/bolsheviki/comment

Filmography

▼監督作品
〇『ソドムの市』(2004/104min)
〇『狂気の海』(2007/34min)
〇『恐怖』(2009/94min)
〇『旧支配者のキャロル』(2011/48min)
〇『霊的ボリシェヴィキ』(2017/72min)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

高校の時、『戦艦ポチョムキン』を見て、8ミリ映画を撮り始めた。

Q.影響を受けた作品、監督は?

フリッツ・ラング『マブゼ博士の遺言』
ジョルジュ・フランジュ『顔のない眼』

Q.仲の良い監督は?

黒沢清、塩田明彦、佐々木浩久
映画美学校で同僚の大工原正樹、西山洋市、万田邦敏
アニメーション作家の新谷尚之

Q.注目している監督は?

三宅唱、ジョーダン・ピール

Q.関心のあるテーマは?

ファシズム

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

チャレンジングにしないと意味がない。

Q.得意なジャンルは?

ジャンルとは関係なく、ヤバくすること。

Q.監督業の面白さは?

数分前には考えてもいなかったことをやってること。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

観客を引き込む求心力。

Q.映画とは?

反=現実。故に現実が描ける。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

全部自分でやるしかない。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

その時出会えた人がすべて。

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

YouTubeで捕食映像。

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

リアルの発見。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

『マイナー・ブラザーズ 史上最大の賭け』のリチャード・プライヤー

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

イングマール・ベルイマン『鏡の中にある如く』

Q.好きな食べ物は?

貝ひも
キャビアが食べたい!

Q.愛読書は?

山岸凉子『レベレーション』

Q.邦洋問わず、お気に入りのスターは?

クリスティーナ・リッチ

Q.居心地の良い場所はどこですか?

ドトール

Q.インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待

自主配給の上映活動を作り手が担い続けるのは限界がある。見てもらえる機会が増えるのはいいことです。

 

高橋洋監督の作品