単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

早咲きの茜

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • なら国際映画祭2020 ナラウェイブ参加作品

    昼間は仕事、家では認知症の母との生活の抑圧の中で苦悶する男の物語

    監督:黄夢璐(コウ・ムロ)/2020年/29分
    単品価格:300円
    セット料金 1,500円
    • -
  • 監督メッセージ

    「もしある日、親に忘れられるなら、どんな表情や気持ちで受け取るのか」と、考えたことがありませんか? 私は時々考えています。この映画は擬似体験なのですが、その気持ちは共通だと思います。一方で、大人の世界には様々なプレッシャーがあります。家は元々逃げ場や避難所のような存在であるべきですが、もし家までもが偽装しなければならない場所になったら、愛のために築き上げた城壁はいつか崩れるの、という気持ちも伝えたらいいと思います。

    シノプシス

    35歳の洋介は、中国から日本に嫁ぎ離婚した母親の花子と同居している。認知症の花子は、洋介のことも高校生以前の記憶しかない。洋介は、昼間はサラリーマン、家では高校生を演じる生活を始め、役割を果たそうと努力するが、仕事と花子からの抑圧から、ある夜、彼は怒りを爆発させてしまう。

    スタッフ・キャスト

    監督:黄夢璐

    出演:岩松れい子 中村文彦

    2020年/29分

    監督プロフィール

    黄夢璐

    中国で生まれ育つ。中国の大学を卒業後、自分が描いたストーリーを映画として表現したくなり、日本に留学しに来ました。
    2018年、武蔵野美術大学映像学科編入学。
    2021年、日本大学芸術学研究科映像芸術専攻映画分野入学。
    本作は2019年、大学3年の進級制作であり、なら国際映画祭、FINDECOIN – Independent International Short Film Festival “The day is short”に入選。 2020年、卒業制作である「およげるネコ」を作り上げ、令和2年度武蔵野美術大学卒業・修了制作優秀作品賞受賞。
    今後も次々映画を作ろうと思っています。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    『ピクニック』岩井俊二監督
    『歩いても 歩いても』是枝裕和監督
    『ヤンヤン 夏の想い出』エドワード・ヤン監督

    Q.関心のあるテーマは?
    「人間性」「矛盾」「家族」

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    ディテールからストーリーを構成すること。
    ストレートじゃなく、覆い隠して感情を表現すること。

    Q.注目している監督は?
    岩井俊二監督、是枝裕和監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『ソウルフル・ワールド』の22番、改めて細かいところから自分がこの世界に存在する実感を発見したいです。

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    撮影現場。水族館。うちのベッド。