単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

Light・Walk

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 監督メッセージ

    今作品は、作中に出てくる登場人物たちの関係性の変化を役者の動きやセリフを通して感じていただける様に制作しました。少しずつではあるのですが確実に変化しています。そこに注目していただけると嬉しいです。

    シノプシス

    探偵のアルバイトをしている23歳の青年・歩。ある日、10年ぶりに姉が家を訪ねてくる。姉は娘である光を「8月9日から8月14日まで預かって欲しい」と言う。初対面の姪である光を預かることになった歩。歩と光。不思議な距離感の生活。そんな中、歩は探偵としてある男の素性を調査していた。

    監督・キャスト

    監督・脚本・編集:米澤洸奎

    出演:黒住尚生 仲西りん 吉田映人 鈴木かえり 西出明 久住友人

    2020年/25分

    監督プロフィール

    米澤洸奎

    三重県に生まれる。
    小さい頃はほとんど映画を見たことが無かったが、高校に行かなくなり暇になり時間ができたため映画を見始める。ここで映画の面白さに魅了され、映画制作を志す。
    2017年、名古屋学芸大学メディア造形学部映像メディア学科入学。
    同大学の教授であり、映画プロデューサーである仙頭武則氏に師事。
    大学3年生の時に監督した『Light・Walk』が東京学生映画祭、なら国際映画祭、アジア国際青少年映画祭に入選。
    ただ今、次回作に向けて準備をしている。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    『自転車泥棒』ヴィットリオ・デ・シーカ監督
    『しとやかな獣』川島雄三監督
    『ゴッドファーザー』フランシス・フォード・コッポラ監督
    『タクシードライバー 』マーティン・スコセッシ監督
    『ストレンジャー・ザン・パラダイス』ジム・ジャームッシュ監督
    『EUREKA』青山真治監督
     
    Q.関心のあるテーマは?
    「家族」「愛」「死」

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    様々な状況を想定して準備をすること
    頭を柔らかくして物事を考えること

    Q.注目している監督は?
    デヴィッド・ロウリー監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『パターソン』に出てくる犬のマーヴィン

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    祖父母の家