CINEMA DISCOVERIES

Profile

三島有紀子

18歳からインディーズ映画を撮り始め、神戸女学院大学卒業後NHKに入局。「NHKスペシャル」「ETV特集」「トップランナー」など市井の人々を追う人間ドキュメンタリーを数多く企画・監督。03年に劇映画を撮るために独立し、東映京都撮影所などでフリーの助監督として活動、ニューヨークでHBスタジオ講師陣のサマーワークショップを受ける。その後『しあわせのパン』(12年)、『ぶどうのなみだ』(14年)と、オリジナル脚本・監督で作品を発表。撮影後、同名小説を上梓した。企画から10年かけた『繕い裁つ人』(15年)は、第16回全州国際映画祭で上映され、韓国、台湾でも公開。その後、『少女』(16年)を手掛け、『幼な子われらに生まれ』(17年)では第41回モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別大賞に加え、第41回山路ふみ子賞作品賞、第42回報知映画賞では監督賞を受賞し、好評を博した。最新作は、夏帆/妻夫木聡出演の2020年2月公開『Red』。ロマンスの中に現代女性の悩みを盛り込み、一人の女性が自分の意志で人生を選択していく姿を描いた。
ドキュメンタリー作品から劇映画、テレビ作品まで一貫して、永続的な日常の中の人間にある軋みを描きつつも、最後には小さな“魂の救済”を描くことを信条としている。スタイルとしては、研ぎ澄まされた演出に下支えされた美しい映像作りに定評があり、一見すると柔らかい作風の初期作品から、ハードな演出が露出する近作まで、演出の姿勢は変わらない。尊敬する映画監督はフランソワ・トリュフォーと神代辰巳。

主な映画監督作品

『しあわせのパン』(2012/114min)
『ぶどうのなみだ』(2014/117min)
『繕い裁つ人』(2015/104min)
『幼な子われらに生まれ』(2017/127min)
『Red』(2020/123min)
ほか多数。

 

 

小説

「しあわせのパン」ポプラ社
「ぶどうのなみだ」パルコ出版

Information

▼連載
FILT「うつしだすこと」

https://filt.jp/

▼公式HP

https://www.yukikomishima.com/

▼最新作
映画『Red』全国公開中&2020.10.2 Blu-ray & DVDリリース

https://redmovie.jp/

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

名画座が家の近くにあって。
4歳から、そこにいるのが好きだったからかなあ。
それで、高校卒業した春休み、黒澤明監督の『生きる』を観て、とりあえず行動してみようかなと8㎜フィルムを買った。

Q.影響を受けた作品、監督は?

初めて観た映画は、イギリス映画『赤い靴』(監督・マイケル・パウエル/エメリック・プレスバーガー)。4歳の自分にも衝撃だった。

アニエス・ヴァルダ『幸福』
デヴィッド・リーン『ライアンの娘』
フランソワ・トリュフォー『突然炎のごとく』
柛代辰巳『恋文』
阪本順治『どついたるねん』『顔』
ウォルター・サレス『セントラルステーション』

…たくさんあります。

Q.仲の良い監督は?

友達少ないので…。
けどたまに、あの監督さんとあの監督さんとはお食事させてもらってます。

Q.注目している監督は?

アンドリュー・ヘイ

Q.関心のあるテーマは?

なんらかの礎を捨てて来た人間のアイデンティティ。
自己と他者の化学反応。
緊張と安心。
家と個。

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

どうやって、リアルな感情が生まれる瞬間を作るのか。
視覚化。

Q.得意なジャンルは?

人間ドラマかな。ジャンル分けしたことがない。
得意かどうかはわかりませんが。

Q.監督業の面白さは?

スタッフとプロデューサーとみんなで仕掛けて
役者と役者、
美術と役者、
照明と役者…、
いろんな化学反応が生まれた瞬間を撮ること。

映画を観た方の反応を知ること。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

役者さんが魅力的に映し出されること。
役者さんに演じるより感じてもらえるような環境・空間づくり。
現場で、どんな音楽・音を使って意図的に仕掛けるか。
ワンカットの強度。
ファーストカットとラストカット。

Q.映画とは?

コミュニケーション。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

映画作りの基本なのかなと。
インディペンデントでも何でも、
誰にも求められていないのに、
これを撮りたい、この人と一緒に作りたいという…なんというか
衝動と情熱みたいなものが基本というか…これからは、さらにね、大切かなと。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

健やかな渇望を持っている方とご一緒できれば、しあわせです。
ご一緒に作った役者さんとも、もう一度作りたい。

藤竜也さん、イーサン・ホークさん、
原田美枝子さん、賠償美津子さん…は
存在自体が映画そのもののような気がするので、映画に触れる感覚で
一度はお会いしたい方です。

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

発見。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

本人にはなりたくない。

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

『恋文』『昼下がりの情事』 柛代辰巳
『隣の女』 フランソワ・トリュフォー
『ポエトリー』『シークレット・サンシャイン』 イ・チャンドン
『ミリオンダラーベイビー』クリント・イーストウッド
『めぐりあう時間たち』スティーヴン・ダルドリー
『生きる』黒澤明
『霧の中の風景』テオ・アンゲロプロス

Q.邦洋問わず、お気に入りのスターは?

イーサン・ホーク
アダム・ドライヴァー
シャーロット・ランプリング
ファニー・アルダン
ソン・ガンホ

Q.居心地の良い場所はどこですか?

喫茶店と風の吹く場所。

Q.インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待

作った作品を誰かに観てもらえること、それこそが、作り手にとっての幸せだと思います。

 

Interview

インタビュー・テキスト:伊藤さとり

感情を視覚化したい、どんな感情にも寄り添って撮っていく

──最初の映画体験を教えていただけますか?

4歳の時に初めて名画座に連れて行かれ、そこで観た映画がイギリス映画の『赤い靴』だったんですが、あまりにも美しい自分の知らない世界を発見させてもらったんです。しかも4歳なので字幕が読めない分、表情と映像の組み合わせで何が起こって誰がどう感じているかが全部わかるんですよね。更に、結婚を選ぶかバレリーナとして生きるか選択を迫られ、決められずに命を絶つというラストから、“命を絶つ選択が可能である”ということに衝撃を受けたのが最初の映画体験でした。そこから毎週日曜日ごとに名画座に通っていたんです。

──ではいつ頃、監督になりたいと思われたのでしょうか?

お話ししにくいのですが、6歳の時に生きてはいけないな、自分は汚れてしまったな、と感じてしまった出来事がありまして、10歳くらいの時に東映会館で『風と共に去りぬ』を観たんです。最初、スカーレット・オハラが白いドレスを着て庭を掛け巡り、様々な経験を経て、ラストに黒いドレスを着ているんですが、その時に“人間が生きていくということは、汚れていくということなんだな”と気付かされ、生きていけると思ったんです。と同時に、このラストを味わった時に、“生きていける”と人に思わせる映画を作れる人間になりたいなと思ったような気がします。だから小学生の時は、東映会館のアニメポリス・ペロという歴代パンフレットが置いてあるお店に立ち寄っては、映画監督のインタビューを読みあさっていたんですよね。そのお陰で、監督がどういうことを考え、どんな思いが込められているかを映画で読み解くものと思っていたんです。

──そんな三島有紀子監督に影響を与えた監督はどなたですか?

デヴィッド・リーン監督の『ライアンの娘』を観た時に、ファーストカットで帽子がフワッと海に落ちて行くんですが、感情が自分の中に湧き出る感覚を初めて覚えたんです。物語も始まっていないのに、なんとなく彼女は不安定なことや色んなことを経験していくんだろうなと読み取ったんですよね。それを予兆させるファーストカットに衝撃を受けました。感情を如何に視覚化していくかという発想が生まれたのは、デヴィッド・リーン監督のお陰だと思います。

──そういった意味では『Red』のファーストカットの赤い旗も感情の視覚化として象徴的ですよね。

何かに例えられた映像が強く心に残っているんですよね。『Red』の赤い旗もそうですし、『Red』のラストカットもそうなんですが、女性の欲望のようなものをお芝居+何で表現出来るか、どうやって映像化していくかをずっと考えて生きているような感じなんでしょうかね。

──感情を視覚化する訓練と言いますか、何かやられていることはありますか?

視覚化する内容はその時々によって違うんですが、空間に入った時に“今、こういった感情が生まれるなぁ”という感覚をストックしていると言いますか。例えば水滴が垂れるのを見て自分の中にどういう感情が生まれるのか、それがどういう効果を生むのか、自分が目で捉えるものが何の意味になっていくのかを、いつもそれを積み重ねているというか、そんな感覚はあります。

──最初に脚本を書かれたのはいつ頃ですか?

最初に脚本を書いたのは中学時代の授業中で、シーンの断片を書いたんです。女がオルゴールのネジをずっと回している、そこに電話が掛かってきて、その電話に出た女は悲しい顔をするみたいなシーンです。高校になって初めて脚本を頭からThe Endまで書きました。大学で映画サークルに入って、脚本を書いて映画を撮り始めたんです。

──では、監督が具体的に映画を撮りたいと思ったきっかけの映画はなんでしょうか?

映画を本格的に撮りたいと思ったきっかけは黒澤明監督の『生きる』なんです。ずっと兄貴から観るように勧められていて、それまで観るチャンスがなかったのですが、やっと高校を卒業した春休みに名画座で上映していて観られたんです。ファーストカットから衝撃を受けるわけです。そして男が山のように積まれた書類の中に座っていて判子を押すカットへと続く。彼は山のような何かに覆い被さられているのか、それとも何かを積み重ねているのか、色んなことを考えさせられるカットで、一本観終わった時に、人間は何かを成し遂げることが大事なわけではなく、“自分が生きている実感のあるものに向かって行動をしていることが生きていること”なんだと、その時、思ったんです。「わしにも何か出来ることがある」と言って階段を駆け下りると、ハッピーバースデーの歌が流れるというあの有名なシーンを観て、これが生きるということなんだと。映画を撮りたいとか思うだけではなくて、どんなに出来が悪くても、これはアルバイトをしてお金を貯めてフィルムを買って、撮らないといけない、行動をしなければいけないと思わせてくれた映画です。

──映画を作り続けられる理由はなんでしょうか?

こういうものを撮りたい、こういう人と作りたい、という衝動の芽は自分にも摘めないんです。この衝動や情熱こそがかけがえのないものだし、これがないと、コロナ後の世界では特に、映画は撮れないのではないかと思うんです。

──大衆向けではなく、自分の撮りたいテーマがしっかり見える映画を生み出し続ける三島監督のようになりたいと思っている女の子も多いと思うんですが。

自分自身が、映画のジャンルを決めたことはなく、いつも自分が今の世界をきちんと見つめることと、自分を見つめることからは絶対に目を逸らしてはいけないと思っています。その中で自分が撮りたいものだったり、描いてみたい人物だったりというものは、きっと避けては通れないし、生まれるべくして生まれるものだと信じたいんです。

──本を沢山お読みになられていて、どの作品も原作のエッセンスを見事に映画として表現されていますが、原作があるものを映画化する場合に大切にしていることを教えてください。

原作があった場合は、原作を読んだ時に思い浮かぶ映像があるかどうかを重要視しています。『Red』の場合は、雪道でのドライブが私の中で映像として広がったんです。この二人がどこに行くでもなく、もしかして死にに行くのかもしれないと思われるような。それをエッセンスに自分の中に翼が広がっていくものをずっと見て描いていく感じです。

──ではオリジナルものを映画にする際に大切にしていることはなんでしょうか?

オリジナルものは、自分がどうしても描きたい人物がどんな人なのかということと、その人物と一緒に旅をしていったら、どういう空間でどういう人と出会っていくんだろうかが、まず最初で、その中で次にこういう映像が象徴的だなという考えが生まれて来るんです。オリジナルをやる場合は、どういう人物と寄り添うのかを一番大事にしているところです。

──三島有紀子監督は、今後、どのような作品を撮り続けていこうとお考えですか?

コロナの緊急事態宣言下の時に誕生日で、眠れなくて朝4時くらいに女の人の泣き声が聞こえてきたんです。それが悲しいだけじゃなくて、怒りにも感じたし、理不尽な思いにも感じたし、どうしようもない不安にも感じたんです。その泣き声がとても長く続いて、その時に、この泣いている人の感情に寄り添いたいと思ったんです。その人が泣き終わるまでずーっとベランダに居たんですよね。で、やっと落ち着いてその泣き声が終わった時に、空が白んできて、空を見ていた時に、あぁ、私はこれまでもこれからも人間の色んな感情に寄り添いたいんだと改めて思ったんですよ。それがどんなに醜い辛い感情だったとしても、もちろん楽しい感情も含めてですが、自分が寄り添って記録していくんだと改めて決意した瞬間だったんです。これから一生そうやって生きていくんだろうなと思ったんです。その泣き声は、一人の人間の泣き声には思えなくって、色んな人の感情がこの人に集約されているようにも感じたし、もしかしたら私の泣き声かもしれないし、地球の泣き声かもしれないし、人類みんなの泣き声かもしれない。全員は描けないけれど、一人一人、丁寧に描いて行くことが自分のやることなんだなと思ったんです。

三島有紀子監督の作品