CINEMA DISCOVERIES

Profile

小路紘史

1986年生まれ、広島県出身。
東京フィルムセンター映画・俳優専門学校卒業後、短編映画を数本制作した後に長編「ケンとカズ」を制作する。「ケンとカズ」は日本国内の映画祭で数々の賞を受賞する。テレビ東京「GIVER」第5話と第9話で、テレビドラマでの監督を経験。

受賞歴

■短編映画■

「23話目」(2008)
 〇リオデジャネイロ国際映画祭2008
 〇ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2008

「海の見える場所」(2010)
 〇ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2010

「ケンとカズ(短編版)」(2011)
 〇ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2011
 〇スキップシティ国際映画祭2011
 〇ロッテルダム国際映画祭2011
 〇リスボン国際インデペンデント映画祭2011
 〇Nippon connection 2011

 

■長編映画■

「ケンとカズ」(2016)
 〇東京国際映画祭日本映画スプラッシュ作品賞
 〇日本映画監督協会新人賞
 〇新藤兼人賞 銀賞
 〇日本映画プロフェッショナル大賞 新人監督賞
 〇日本映画批評家大賞 新人監督賞
 〇高崎映画祭 新進監督新人賞
 〇大阪シネマフェスティバル ワイルドバンチ賞

Information

▼Twitter

https://twitter.com/shojihiroshi711

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

最初は大きな志とかはなく高校卒業して東京フィルムセンター映画俳優専門学校という映像専門学校に入って、映画を作っていくうちに映画監督になろうと決めました。ですので映画の専門学校に入っての出会いが大きかったように思います。

Q.影響を受けた作品、監督は?

小さい頃から沢山の映画を見て数えきれないほど影響を受けたのですが、中でもやはり スピルバーグ、ゼメキス、ノーラン、ビルヌーブ、フィンチャー、イーストウッド、タランティーノのように作りたい映画を高いレベルで作っている監督やそんな監督作に影響受けてきた気がします。
日本では内田けんじ監督が一番好きす。

Q.注目している監督は?

おこがましいですが内田けんじ監督の映画は毎回楽しみにしています。

Q.関心のあるテーマは?

テーマから映画をあまり作らないのでパッと思い浮かばないですが、 ずっと恋愛映画を撮りたいと思っています。

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

制作初期にもっている情熱を最後まで持ち続けることはチャレンジングな事だと思います。
どこかで折り合いをつけたり折れそうになる時に踏ん張れるかが大事な気がします。

Q.得意なジャンルは?

まだ制作本数が少ないので得意ジャンルはわからないのですが、恋愛映画、ホラー、ドラマはやってみたいです。

Q.監督業の面白さは?

やはり役者が脚本を超えて素晴らしい演技をした時は監督業の面白さだと思います。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

基本的にどの部分もこだわりたいのですが、特にキャスティングはこだわりたいです。
2作目の『辰巳』はオーディションの期間は6ヶ月かかりました。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

自由度の高さと、面白くなるまで妥協せず終わらせない事ができるのが魅力です。

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

インターステラー

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

想像した展開からちょっとはみ出して最後は想像もつかない所に連れて行かれる感じを期待します。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

ボーンシリーズのジェイソンボーンになって無敵になって格闘と車を乗り回してみたいです。

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

ソーシャルネットワーク、インターステラー、ボーダーライン

Q.好きな食べ物は?

グミやポテトチップスみたいなお菓子です。

Q.趣味は?

もちろん映画を見る事と広島カープの試合を見る事が好きです。

Q.愛読書は?

ジェームズ・キャメロン 世界の終わりから未来を見つめる男
タイタニック―ジェームズ・キャメロンの世界

Q.邦洋問わず、お気に入りのスターは?

トム・ハーディ、ブラット・ピット

Q.居心地の良い場所はどこですか?

家か、いつも脚本を書くカフェが居心地が良いです

Q.インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待

インディペンデント映画は自由度が高く、どういう枠組みにも括られていない反面、鑑賞出来る機会が限られています。そんなインディペンデント作品が専門に見られるのは初めての試みと思いますので本当に大きな希望と期待があります。だから沢山の人達に認知されて愛される配信サービスになってほしいと思います。

 

小路紘史監督の作品