Profile

JUNPEI SUZUKI

2004年公開の映画「チルソクの夏」(佐々部清監督)安大豪役で俳優デビュー。その後数々の映画、テレビ、CMに出演。
2011年に所属していたユマニテを辞め映画監督を目指し自主映画制作を始める。
森ガキ侑大監督から「監督よりもカメラマンの方が向いている」と言われ1から撮影技術を習うために渡米。
2016年9月にロサンゼルスにあるNEW YORK FILM ACADEMYシネマトグラフィープログラムを卒業。
在学中に制作した短編映画『TO FEEL HUMAN』(監督・撮影・編集)がカンヌ映画祭を始め国内外の映画祭に多数入選。
2017年4月から東京にてシネマトグラファー として活動中。
映画「8 Mile」を観てロドリゴ・プリエトの手持ち撮影スタイルに憧れ、映画を100回近く観て手持ち撮影を研究。
近年のプリエトの撮影スタイルに感化され三脚やドリーを使ったかっちりした映像の撮影スタイルに目覚め中。


Information

▼Twitter

https://twitter.com/iamcrazydp

 

▼公式HP

https://www.junpei-suzuki.com

 

Filmography

▼主な監督作品
◯『TO FEEL HUMAN』(2016/短編)
◯『OUT OF THE BLUE 俺の人生無駄ばかり』(2019)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q.映画制作をはじめたきっかけは?

衝動で始めました。

Q.影響を受けた作品、監督は?

作品『8 mile』
監督 マーティン・スコセッシ

Q.仲の良い監督は?

CRAZY JOE

Q.注目している監督は?

CRAZY JOE

Q.関心のあるテーマは?

アクション

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

予算との闘い

Q.得意なジャンルは?

ヒューマンドラマ

Q.監督業の面白さは?

探し中です

Q.映画づくりでこだわっていることは?

こだわりないのがこだわりです

Q.映画とは?

映画です

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

描きたい事を好きにやれる事

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

ブラッド・ピット

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

『マッドマックス』全シリーズ

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

ワクワク感

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

『8mile』のB・ラビット

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

『8mile』

Q. 好きな食べ物は?

安いイカ

Q. 趣味は?

撮影

Q.愛読書は?

本読んだことありません

Q. 邦洋問わず、お気に入りのスターは?

EMINEM

Q. 居心地の良い場所はどこですか?

ゲームの中の仮想世界

 

JUNPEI SUZUKI監督の作品