CINEMA DISCOVERIES

Profile

園田新

立教大学法学部国際比較法学科卒。大学在学中にニューヨークに留学し、映画づくりを学ぶ。テレビ番組のディレクターを経て、2007年、脚本、監督から配給、宣伝まで自らトータルプロデュースした初長編作品『Wiz/Out』が渋谷ユーロスペースにて公開、スマッシュヒットを記録。
函館港イルミナシオン映画祭・シナリオ大賞にて自身の長編映画用脚本が2作品連続受賞。(2009年『記憶代理人』審査員奨励賞、2011年『リアルファミリー』グランプリ受賞)2013年、釜山国際映画祭が主催するアジアの新進映画作家支援プログラム・AFA(AsianFilm Academy)の監督として選抜される。
2016年より俳優向けの演技(演劇)ワークショップを開催。2017年、新作長編映画『リバースダイアリー』を製作。同作は現在までに国内外20を超える映画祭に招待され、最優秀作品賞を含む11の賞を獲得。

Information

▼Twitter

https://twitter.com/infini_focus

 

▼公式HP

https://www.cineast.jp

 

Filmography

▼主な監督作品
◯『DISTANCE』(2020/22min)
◯『リバースダイアリー』(2017/99min)
◯『DEPARTURE』(2016/17min)
◯『Wiz/Out』(2007/120min)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

学生時代にウォン・カーウァイ監督の『欲望の翼』を観て、独特のスタイルとパーソナルな表現に衝撃を受け、ミニシアター系映画や映画づくりに興味を持ちました。

Q.影響を受けた作品、監督は?

ウォン・カーウァイ『欲望の翼』『恋する惑星』、ポール・トーマス・アンダーソン『マグノリア』『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』、アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ『21g』『アモーレス・ペロス』、ヴィム・ヴェンダース『パリ、テキサス』『ベルリン・天使の詩』、リュック・ベッソン『レオン』『グラン・ブルー』、レオス・カラックス『ポンヌフの恋人』、ロベール・ブレッソン『ラルジャン』、フランソワ・トリュフォー『大人は判ってくれない』、クリストファー・ノーラン『インセプション』『インターステラー』

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

脚本段階でのイメージを現場の俳優や撮影が超えること

Q.得意なジャンルは?

サスペンス、ラブストーリー

Q.監督業の面白さは?

作り物の世界で真実の瞬間に立ち会えること

Q.映画づくりでこだわっていることは?

言葉にできない感覚を映像に込めること

Q.映画とは?

人生を追体験できるもの

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

商業作品よりも作家のパーソナルな部分が色濃く出ていること

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

何かしら心に残る、観終えた後にも立ち上がってくる感覚

Q. 好きな食べ物は?

寿司、カレー

Q. 趣味は?

仕事

 

園田新監督の作品