CINEMA DISCOVERIES

Profile

福島拓哉

1972年生まれ、埼玉県出身。
92年名古屋大学文学部在学中より多数の映像作品を発表。
石井岳龍(聰亙)監督に師事した後、クリエイターユニットP-kraftを設立、以後活動の拠点とする。
映画・TV・CM・PVなど幅広く演出を手掛け国内外で高く評価されている。
01年劇場デビュー作『PRISM』は公開劇場での動員記録を樹立。09年『アワ・ブリーフ・エタニティ』は東京国際映画祭を皮切りに世界各国の映画祭で正式上映され、全国公開。16年には短編『LEGACY TIME』公開を記念し『ESCAPE FROM THIS FUCKIN WORLD 福島拓哉特集』と題した傑作選特集上映が開催され、好評を博す。
18年、ドイツ・ハンブルク日本映画祭で初代特別芸術賞を受賞し、各国で日本映画初受賞含む世界7冠を獲得した『モダン・ラブ』が全国公開。最新作はオムニバス『プレイルーム』の1本として全国公開された『Floating』。
19年には前年にグランプリを獲得したフィリピン・セブ国際映画祭にて審査員長を務める。
映像演出のほかプロデューサー・俳優・文筆家などマルチクリエイターとして幅広く活動し、’伝説的アンダーグラウンドサイケデリックオルタナティブポリティカルパンクロックバンド’Beer Lovers Party Tokyoにてミュージシャンとしても活動中。
また、17年よりアプリラジオ局「勢太郎の海賊ラジオ」にて『福島拓哉のオルタナラジオ船』でパーソナリティを務めている。

 

Information

▼Twitter

https://twitter.com/takuyafukushima

 

▼公式HP

https://takuyafukushima.amebaownd.com/

 

Filmography

▼主な監督作品
◯『TIME IS ON MY SIDE』(1997)
◯『JAM』(1999)
・水戸短編映像祭審査員奨励賞
・PJ映像祭ベストキャラクター賞
◯『PRISM』(2001)
◯『自由』(2003)
◯『the point(2,8,16)』(2004)
◯『クロス・ザ・レンズ』(2005)
◯『days of』(2006/オムニバス『over8』内収録)
◯『裸 over8』(2007/プロデュース参加)
◯『女子女子 over8』(2008/プロデュース参加)
◯『アワ・ブリーフ・エタニティ/OUR BRIEF ETERNITY』(2009)
◯『SHIBUHARA GIRLS2』(2011/TVドラマ・全12話)
◯『ゴージャス・プリンセス!』(2012/オムニバス『ヴァージン』内収録)
◯『LEGACY TIME』(2016)
◯『モダン・ラブ』(2018)
・サウステキサス国際映画祭グランプリ
・セブ国際映画祭グランプリ
・カーディフ国際映画祭審査員特別賞
◯『Floating』(2018/オムニバス『プレイルーム』内収録

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

高校生の時に自殺を考えたのだけど、怖くて無理で困ってた時に映画見て救われた気持ちがしたので、自分も作りたいと思いました。

Q.影響を受けた作品、監督は?

お世話になった石井岳龍さん、他にレオス・カラックス、ポール・トーマス・アンダーソンなどものすごくたくさんの監督に影響を受けました。

Q.仲の良い監督は?

同世代だと90年代から協力しあってきたナリオさん。他に市井昌秀さんや佐々木誠さんなど。
若手だと、中川龍太郎さんや佐近圭太郎さん。他にも世代問わずいろんな監督と仲良くさせてもらっています。

Q.注目している監督は?

やってることが似てる気がするので、壷井濯さんに注目したいと思ってます。

Q.関心のあるテーマは?

東京という都市について、ずっとテーマとして描いているつもりです。
それは結局、いわゆるセカイ系というジャンルなのかもしれないけど、人と世界の関りについて考えているのだと思います。

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

資金繰りです。
それさえクリアすれば、あとは何とかなると思ってます。

Q.得意なジャンルは?

サイコ・ファンタジーという造語を使っているのですが、いわゆるSF青春映画みたいなジャンルが得意です。

Q.監督業の面白さは?

ただの自分の妄想を、スタッフ・キャストなどいろんな人たちが、一生懸命に考えて努力して表現としてフィードバックしてくれるところ。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

映画的であること。
つまり、小説や演劇やそのほかの表現に翻訳しづらいものであること。

Q.映画とは?

感情。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

自分が企画した映画を作る、というのが魅力というか、それ以外にないと思います。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

たくさんいますが、ゲイリー・オールドマンといつかご一緒したいです。

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

自分の映画を見ながら死ねたら幸せなんだろうなと思います。

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

映画的な映画であるかどうか。
さらに言えば、映画表現として、新しいチャレンジがあるかどうか。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

あまり考えたことがないし、誰かになりたい、という感覚がないです。
それよりも、別の人生を選べるなら、浦和レッズの選手になりたいです。

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

クリスマスの夜は高確率で大島渚監督『戦場のメリークリスマス』を見ます。
あとは一番好きな作品であるショーン・ペン監督『イントゥ・ザ・ワイルド』など、ブルーレイを所有している映画はたまに見返します。

Q. 好きな食べ物は?

いろんな国を旅してきたはずなのですが、結局カレー、ラーメン、焼肉など普通にみんなが好きなものが好きです。

Q. 趣味は?

浦和レッズが好きです。
シーズンチケット持ってるのでわりとガチなサポーターだと思います。

Q.愛読書は?

特にないけど、最近で一番好きなのは町田康『ギケイキ』です。

Q. 邦洋問わず、お気に入りのスターは?

興梠慎三、と答えていいなら興梠慎三。

Q. 居心地の良い場所はどこですか?

映画館と埼玉スタジアム。

Q. インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待を教えてください。

メジャー作品と違って、インディペンデント作品は一般の観客に見てもらえる機会が多くありません。
とはいえ、届きさえすれば、見たい人の層はけっして少なくないと思っています。
例えば海外の作品の場合、日本で配給されているものはそれがメジャーかインディペンデントかは気にせずに、日本の観客は見ていると思います。
そういった意味で、最終的には日本の観客が垣根なく自分で選んで映画を楽しめるよう、まずはインディペンデント作品を専門に届ける配信サービスが増えていく、ということであればとてもいいことだと思います。

 

福島拓哉監督の作品