Profile

森田博之

1984年生まれ、埼玉県出身。
埼玉県立芸術総合高校在学中に映画制作を始める。
日本映画学校(現日本映画大学)卒業後、演出部、制作部として劇場用映画に参加。
これまで監督した映画作品は水戸短編映像祭、札幌国際短編映画祭、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭などで上映される。『カラガラ』が第6回 田辺・弁慶映画祭に入選。
『ラストラブレター』が第11回田辺・弁慶映画祭にてキネマイスター賞 & 映画.com賞をW受賞。テアトル新宿の同映画祭セレクション上映にて最多動員を記録。2019年、劇場公開される。

Information

▼Twitter

https://twitter.com/eiga_karagara

 

▼公式HP

https://so-lars.jimdofree.com

 

Filmography

▼主な監督作品
◯『カラガラ』(2012)
◯『永井家の彗星/COMETS』(2013)
◯『ラストラブレター』(2016)
◯『世界で一番最後の魔法』(2018)
◯『ラヂオ幽霊』(2019)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

中学一年生の時に父親と大宮の劇場に観に行った『インデペンデンス・デイ』がきっかけです。

Q.影響を受けた作品、監督は?

市川準監督『トニー滝谷』

Q.仲の良い監督は?

大橋隆行監督 浅沼直也監督

Q.注目している監督は?

中川龍太郎監督

Q.関心のあるテーマは?

パラレルワールドについて。

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

前作より一歩でも前進したいという自分の気持ちとのたたかい。

Q.映得意なジャンルは?

SF。ファンタジー。

Q.監督業の面白さは?

人見知りとか関係なくなること。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

面白いか否か。

Q.映画とは?

娯楽。

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

できることならメガ超大作を撮りたいです。『インデペンデンス・デイ』のような。

Q.一緒に仕事をしたい役者は?

朝倉あきさん。イッセー尾形さん。

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

『秋刀魚の味』

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

面白いか否か。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

『となりのトトロ』のお父さん。

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

『トニー滝谷』

Q. 好きな食べ物は?

ぶどう。果物全般。

Q. 趣味は?

ひとり旅。

Q.愛読書は?

ムーミン童話。特に「ムーミン谷の十一月」

Q. 邦洋問わず、お気に入りのスターは?

渥美清さん

Q. 居心地の良い場所はどこですか?

車の中。

Q. インディペンデント映画を扱った動画配信サービスに寄せる期待を教えてください。

話題作を観るには、今までは映画祭か限られた上映期間にミニシアターに行くしかなかったが、どこでもいつでも観られるようになるのは嬉しい。

 

森田博之監督の作品