CINEMA DISCOVERIES

Profile

甲斐さやか

1979年生まれ、東京都出身。
女子美術大学芸術学部卒業。10代より舞台や映画の現場で助監督や美術を担当する。
脚本・監督の『オンディーヌの呪い』が、山形国際ムービーフェスティバル2014年準グランプリ、SKIP シティ国際Dシネマ映画祭 2015年奨励賞、パリのMaison de Culture du Japon で上映された。脚本・監督の『赤い雪 Red Snow』は、マラケシュ国際映画祭2018年コンペティション部門ノミネート、ジャパン・フィルムフェスティバル・ロサンゼルス2019年最優秀作品賞、高崎映画祭2020年新進監督グランプリを受賞した。
小説は『赤い雪』2019年(角川書店)、『シェルター』が2020年別冊文藝春秋7月号に掲載された。

Information

▼映像ユニット「outsect」HP

http://www.outsect.com

 

Filmography

▼主な監督作品
◯『オンディーヌの呪い』(2014)
◯『赤い雪 Red Snow』(2019)

 

Close Up
監督の魅力に迫るQ&A

Q. 映画制作をはじめたきっかけは?

初めは戯曲を読むのが好きで、やがて脚本にも手をのばし、そのうち自分で書くようになりました。

Q.影響を受けた作品、監督は?

映画漬けになった学生時代は、インディペンデントの邦画・洋画が面白くて…

Q.関心のあるテーマは?

人間、社会問題、表裏一体

Q.映画制作の過程で、チャレンジングと感じることは?

脚本を書くとき。(全工程チャレンジングですが)

Q.監督業の面白さは?

現場で予想をこえる瞬間
国内外のお客さんから反応をいただけること。

Q.映画づくりでこだわっていることは?

オリジナリティ

Q.インディペンデントという領域の魅力は?

まだ誰も描いていないことに挑戦できる自由さ

Q.死ぬ前に映画を一本見るとしたら、何を選びますか?

なんと…死ぬ前ですか…黒沢明『夢』が浮かびました。

Q.映画を見る時に、何を期待しますか?

日常にうっすらと皮膜がかかるとか、足場が崩れるような体験。

Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?

『ミッション・トゥ・マーズ』のゲイリー・シニーズ演じるジム・マッコーネル。宇宙の彼方へ旅してみたい

Q.1年に一度だったり、数年に一度など定期的に必ず見る映画は?

その時々で違いますが、タル・ベーラ『ニーチェの馬』

Q.愛読書は?

一番読んでいるのは、芥川龍之介『戯作三昧・一塊の土』

Q.居心地の良い場所はどこですか?

映画館・書店

 

甲斐さやか監督の作品