CINEMA DISCOVERIES

※この動画は、有料会員の方が視聴できます。

有料登録をして視聴する

ディスカバリー・ガイド

色とりどりのクリームソーダは、人それぞれの魅力の色

甘くて可愛くてちょっと懐かしい香りのするクリームソーダと、“あの頃”が恋しくなった。 

そんなクリームソーダは、レトロな香り漂う喫茶店にあるのだけど、お店でとろけるような表情を見せるのは、タイプの違う現代の女子高生3人。このギャップが面白い。そして映画は、よくある親友同士の喧嘩や恋のいざこざに焦点を当てず、女の子達の心の中へ中へと向かっていく。青春って、恋や部活ではなく、本来、ひとりで苦しんだり、迷ったり、我慢したりしながら、誰かと喜んだり、泣いたり、話し合ったりしながら心が成長していくもの。二度と戻らない“あの頃”の感情を清々しく紡ぎ上げた枝優花監督。様々なクリームソーダを探し求めて行き着く先は、「個性」という“魅力”の発見だった。

インフォメーション

タイトル:放課後ソーダ日和-特別版

あらすじ

夏休みを前に、ひょんなことから初めて話したクラスメイトのサナ(森田想)、モモ(田中芽衣)、ムウ子(蒼波純)。
手軽にワンコイン=500円で手に入る放課後に飽きた3人は、世界一美味しい飲み物“クリームソーダ”に出会って……。
大切な時間、忘れたくない。どうしたら覚えていられるだろう。写真や動画、SNSに綴る140文字じゃ、何か違う。
プラス200円でちょっとだけ背伸びする17歳、夏の放課後─。

スタッフ・キャスト

監督・脚本:枝優花
音楽:塩塚モエカ(羊文学)
主題歌:羊文学「ドラマ」「天気予報」(felicity)

キャスト:森田想 田中芽衣 蒼波純 穂志もえか モトーラ世理奈

2018年/83分/ドラマ

© 2018 ALPHABOAT・SPOTTED PRODUCTIONS

スペシャルコンテンツ

キュレーターの作品解説や、監督による撮影秘話など、ユーザーが作品の考察に浸れる場です

 

あなたにオススメ