CINEMA DISCOVERIES

※この動画は、見放題会員の方が視聴できます。

見放題登録をして視聴する

ディスカバリー・ガイド

愛すると “嘘” をついてしまう心理を優しく描いた物語

西原理恵子の原作に惚れ込んだ吉田大八監督が映画として描くのは、“恋と嘘の心理”。

本気で人を好きになると、傷つくのが怖くて、優しい言葉や甘い思い出にしがみついてしまう。それは親友との関係でも成り立ち、時に「あなたが幸せならそれでいい」という優しい“嘘”さえ笑顔で言えてしまうのだから。菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴、三人の女優は演技のアプローチも違えば、放つオーラも違うので友達になることも想像し得ないが、高知の小さな海辺の町が舞台ならばそれが自然に見え、三人三様の生き様がお互いを輝かせる作用を起こす。宇崎竜童や江口洋介他キャストにより、ダメな男達の愛おしい一面がより一層切なく映し出される。

インフォメーション

タイトル:パーマネント野ばら

あらすじ

海辺の町に佇む美容院“パーマネント野ばら”。そこは、離婚して一人娘を連れて出戻ったなおこと、その母まさ子が切り盛りしている小さなパーマ屋さん。町の女たちはここに集っては、甲斐性なしの男たちへの不満やグチをぶちまけ合う。なおこの2人の友だち、みっちゃんとともちゃんも男運は最悪。みっちゃんは、浮気と金の無心を繰り返す夫に怒りながらも突き放すことが出来ない。一方のともちゃんは、ギャンブルに溺れたあげく行方不明となった旦那を心配する日々。そんな中、高校教師のカシマとの静かな恋を大切に育むなおこだったが…。

スタッフ・キャスト

原作:西原理恵子『パーマネント野ばら』(新潮社刊)
監督:吉田大八
脚本:奥寺佐渡子
主題歌:さかいゆう「train」(アリオラジャパン/オーガスタレコード) 
エグゼクティブ・プロデューサー:春名慶
プロデューサー:松本整 石田雄二 鈴木ゆたか 中村陽介 藤田滋生 
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
録音:矢野正人
美術:富田麻友美
装飾:佐藤孝之
スタイリスト:小里幸子
スタイリスト/菅野美穂:谷口みゆき
ヘアメイク:小沼みどり 
編集:岡田久美 
音楽:福原まり
音楽プロデューサー:日下好明
スクリプター:柳沼由加里
助監督:甲斐聖太郎
ラインプロデューサー:加藤賢治

キャスト:菅野美穂 小池栄子 池脇千鶴 宇崎竜童 夏木マリ 江口洋介

受賞歴:
プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア最優秀映画賞)

2010年/100分/ドラマ

©2010映画『パーマネント野ばら』製作委員会

スペシャルコンテンツ

キュレーターの作品解説や、監督による撮影秘話など、ユーザーが作品の考察に浸れる場です

 

あなたにオススメ