応援購入する!
(300円)
購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

帰り道

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • ながおか映画祭/長岡インディーズムービーコンペティション2020
    監督賞受賞作品

    昭和19年、徴兵検査からの帰り道。離ればなれになる前に伝えたい想いを秘めたまま、学生たちは歩く。

    監督:東海林 毅/2019年/10分
    単品価格:300円
    セット料金 1,700円
    •  
  • 監督メッセージ

    LGBTブームと言われますが、性的マイノリティは突然現れたり増えたりしたのではなく、昔から我々の社会に存在しているということを知って欲しいです。

    シノプシス

    1944年、戦時下の日本・福岡を舞台に、徴兵検査を受けた学生たちの帰り道での青春の一幕を描く。戦争という大きなうねりにかき消される、セクシュアルマイノリティーの青年の極私的かつ人間的な感情を掬い取り可視化した。   

    スタッフ・キャスト

    監督:東海林 毅

    出演:眼鏡太郎 田中博士 照井健仁 

    2019年/10分

    監督プロフィール

    東海林 毅

    1974年 石川県 金沢市出身
    武蔵野美術大学 映像学科在籍中より VTRによる作品制作を中心に映像作家活動を開始する。
    1995年、東京国際レズビアン&ゲイ映画祭で審査員特別賞を受賞。
    同学を自主退学と同時にフリーランスとなり2004年よりオリジナルビデオで商業作品の監督・演出を務める。
    「劇場版 喧嘩番長」シリーズ(2008 - 2011)などの商業作品を監督する一方で VFXアーティストとしても幅広く活動し NHK の科学史番組「フランケンシュタインの誘惑」では放送開始時から演出やVFXを務めている。
    近年、表現の幅を広げるために自主映画にも力を入れ「老ナルキソス」(2017)は第 27 回 レインボ ー・リール東京でグランプリを受賞したほか国内外の映画祭で10冠を達成。
    2019年には自主映画作品のみを集めた初の監督特集『偏愛ビジュアリスト 東海林毅ショートフィルム選』が池袋シネマ・ロサで公開され好評を博した。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    ヴィム・ヴェンダース監督、橋口亮輔監督

    Q.関心のあるテーマは?
    クィア

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    思想を大切にすること

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    自宅