単品購入(500円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

アタック・オブ・ザ・ジャイアントティーチャー

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 夜間学校の教師が巨大化して侵略宇宙人と戦いを繰り広げるさまを描いたオリジナルの特撮映画

    監督:石井良和/2019年/70分
    単品価格:500円
  • 監督メッセージ

    前作で海外に行った時「なぜ特撮映画をつくらないか?」と言われました。今度は低予算でやれる特撮をやろうと、『ゴジラ』「ウルトラマン」などで一緒に仕事してきた特撮のスタッフと、アナログ特撮を次の世代に残す為、頑張って作りました。

    シノプシス

    三十過ぎの青年・宮沢賢三は、「鯖山夜間高校」で働いている、一応真面目な性格の先生だ。 彼のクラスには、ちょっと一風変わった個性に溢れた生徒たちがたくさん揃っている。 そんな折、同校の生徒数が減少してしまい、宮沢は校長から今年度限りでの閉校を告げられ、そのことをクラスの全員に発表した。 それから数日後、クラスの生徒である春日夫婦から「最後の学校祭で、クラスの皆でミュージカルを!」と告げられた宮沢はそのアイデアを採用し、 「学生生活の最後の思い出になる、心に残る出し物をやろう」と、クラスの全員に発表した。 宮沢のその言葉にやる気を出した生徒らは、ミュージカル『桃太郎と鶴』の準備にいそしみ、 一時は公演の中止となる事態も発生するが、皆の心を一つにして苦難を乗り越え、遂に第34回の「鯖山学校祭」の当日を迎えた。 全生徒らの熱演によってミュージカルがクライマックスを迎えたその時、東京上空にUFOが飛来し、UFO内の侵略宇宙人は、春日夫婦の引渡しを要求する。 この緊急事態に、春日夫婦からもらった二つのカプセルを飲み込んだ宮沢は、瞬時にその身を巨大化させると、 単身、皆を守るべく勇敢にも宇宙人に立ち向かって行くのであった……。

    スタッフ・キャスト

    監督・特技監督:石井良和
    監修:柏原寛司 脚本:石井信彦 撮影:高橋義仁 照明:小笠原篤志 録音:飴田秀彦 編集:平井将人 VFX:泉谷修

    特撮班/撮影:高橋義仁 原伸也 照明:小笠原篤志 田村文彦 特殊美術:福島彰夫 操演:辻川明宏

    出演:小嶋マコト 豊田崇史 藤田健彦 高瀬みゆき(アクトレスガールズ) 彦坂道子 山本駿介 土屋里奈 つづらぬきゆうこ 荒牧翔梧 矢島理弘 福地聡

    2019年/70分

    監督プロフィール

    石井良和

    1965年11月27生まれ 東京出身。脚本家・監督の柏原寛司氏の紹介で、撮影現場につく、鈴木則文監督、柏原寛司監督、飯田譲治監督、大川俊道監督、押井守監督、西村潔監督、鈴木健二監督、手塚昌明監督、大塚恭司監督などの助監督を務める。
    特撮の現場では川北紘一監督、浅田英一監督、神谷誠監督、原口智生監督、三池敏夫監督、尾上克郎監督の助監督を務める。
    香港では、西本正カメラマン(『ドラゴンへの道』『大酔侠』のカメラマン)のお世話になる。
    映画、テレビドラマ、だけでなくCM,ゲーム、VP、コーディネーターなどの仕事を手掛ける。特に2004年以後は、特撮映画の現場を得意とする。

    2018年
    映画『アタック・オブ・ジャイアントティチャー』 製作・監督・特技監督・原作・脚色
    2019年7月 アメリカ・シカゴG-FESTワ-ルドプレミア上映
    2019年9月 日本劇場公開 シネマノヴェチェント
    2020年2月 アメリカでBlue-ray発売
    2020年8月 ドイツハンブルク日本映画祭上映 
    台湾・日本合作 布袋劇『サンダーボルトファンタジー2 Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』 特撮指導
    映画 『悪い女は良く稼ぐ』監督補
    (2019年公開 新宿Ksシネマ)

    2017年
    AbemaTV 短編ドラマ『グリーンライズ』 監督 (2018年放送)
    映画『パンク侍、斬られて候』 プールクラウドテクニシャン(2018年公開)

    2016年
    映画『ゲームマスター』 製作・監督・脚本・原作

    2015年
    映画『サクラ花』 特技監督・監督補

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    『探偵学入門(忍術キートン)』(監督・出演:バスターキートン)『白夜』『抵抗』(監督:ロベールブレッソン)『マカロニ』『スプレンドール』(監督:エットーレ・スコラ)『皆殺しの天使』『アルチバルド・デラクスルの犯罪的人生』(監督:ルイス・ブニュエル)『チューズミー』『トラブル・イン・マインド』(監督:アランルドルフ)『ロンググッドバイ』『3人の女』(監督:ロバート・アルトマン)もっとありますが・・

    Q.関心のあるテーマは?
    人間の気持ち、成長、国家、時代、家族、価値観

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    「映画はお客さんのものだ、楽しんでもらえないと意味がない」と師匠の鈴木則文監督に言われました。「お客さんに楽しんでもらう事」を考え作っています。

    Q.注目している監督は?
    デレク・ツアン、チェン・ユーシェン、ヴェルナーヘルツオーク

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    今回の映画なら、宮沢先生としていきたいです。

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    映画館、映画のスタジオ、美術館、 海外