応援購入する!
(500円)
購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

GEEK BEEF BEAT

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • シネマスコーレ 2021年1月上映作品

    飛び交う罵声罵倒!鳴り響くラップ!迫り来る家族の危機!東野春男のありふれた(?)毎日と、ラップで(きっと)解決する(かもしれない)家族の物語。

    監督:鳥皮ささみ/2019年/54分
    単品価格:500円
  • 監督メッセージ

    この作品は狐火さんとだからこそ、狐火さんの音楽があったからこそ完成することが出来ました。
    初監督作品ですが素敵なキャスト、スタッフに支えられて本当に観て欲しいと思える作品に仕上がっているので楽しんでいただけたら嬉しいです。

    シノプシス

    宮城県の片田舎で妻の雪子と中学生になる娘の花と暮らす36歳の東野春男は、口下手なため家でも職場でも邪険に扱われている。そんな春男の唯一の楽しみは、ラップだった。現実では言えないことを脳内でラップにして鬱憤を晴らす日々を送る春男だったが、現実では罵詈雑言が飛び交い、家族には危機が迫っていた。

    スタッフ・キャスト

    脚本・監督:鳥皮ささみ
    撮影・カラリスト:水口紋蔵 音声・整音:柳田耕佑 編集:柴野太朗 ヘアアレンジ:長江飛和 衣装協力:猪股春香 主題歌:狐火 劇中歌:Nakanoまる 音響効果:北摂サウンドプロダクション ロゴデザイン:橋本興平 イラスト:板倉アユミ フライヤーデザイン:橋本興平 企画:直井卓俊

    出演:狐火 山口まゆ 内田慈 蒼波純 亀岡孝洋 植田祥平 久我真希人 古木将也 森田ガンツ

    コラム(感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」内の記事)

    https://cinemarche.net/column/cinedi-geek-beef-beat/

     

    2019年/54分

    監督プロフィール

    鳥皮ささみ

    宮城県出身の脚本家・演出家。 東京で活動している劇団「なかないで、毒きのこちゃん」の全ての作品で脚本・演出を担当。 野外や古着屋、蕎麦屋、BAR、ツイッターなど劇場以外での創作を得意とし、かわいらしくもどこか毒のある独特の劇世界をハイペースに発表し続けている。人間の営みを愛している。 過去の受賞歴にシアターわせだ2012グランプリ、佐藤佐吉演劇祭2014+ゴールデンフォックス賞、第4回クォータースターコンテストBITE賞、王子小劇場佐藤佐吉演劇賞2014優秀演出賞、王子小劇場佐藤佐吉演劇賞2017優秀演出賞、MOOSIC LAB 2018短編部門でグランプリ(脚本参加)などがある。