応援購入する!
(300円)
購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

溶けるおと

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • うえだ城下町映画祭 第18回 自主制作映画コンテスト ノミネート作品

    父の死。ずれていく家族。寒空にあなたの歌が聞こえた。

    監督:梶浦勇矢 /2020年/34分
    単品価格:300円
    セット料金 800円
  • 監督メッセージ

    耳を澄ませてやっと聞こえるほどの微かな鼓動が「溶けるおと」にはあります。部屋を暗くして、換気扇もエアコンも消して、観てください。「溶けるおと」が聞こえてくると思います。

    シノプシス

    志穂は父を事故で亡くし、母と兄と3人暮らしをしていた。
    母は2人分の学費を稼ぐため仕事を掛け持ちし、兄は大学に通いながらバイト代を家に入れる。
    志穂は母が求める娘像に近づくため勉強しようとするが身が入らない。
    ある日、ギターを弾く リエと出会う。その出会いが押し込まれていた感情を溶かしていく。
    家族との間にある溝に苦しみ、ついに家を飛び出す。
    すべて手放そうとした志穂には、父が好きだった音楽しかなかった。

    スタッフ・キャスト

    監督:梶浦 勇矢

    出演:小向なる カレン  

    2020年/34分

    監督プロフィール

    梶浦 勇矢

    2019年に映画学校「ニューシネマワークショップ」を卒業。
    現在は宇宙開発を生業としながら、休日に自主映画を制作している。

    フィルモグラフィー
    「あかぺら」2019年制作(2019年新人監督映画祭入選)

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    松居大悟監督

    Q.関心のあるテーマは?
    老い

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    血が通っていること。

    Q.注目している監督は?
    小田香監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    「天空の城ラピュタ」パズー

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    ベランダのハンモック