単品購入(500円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

お姉ちゃん、弟といく

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 2008年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭オフシアター部門審査員特別賞受賞
    2006年C02フィルム・エキシビジョン主演女優賞受賞(江口のりこ)
    2006年ドイツ・ニッポンコネクション日本映画3位選出

    比類なき女優・江口のりこ、寸止めエッチの吉田浩太、二人の感性がコラボ。高い評価を得た妄想物語。

    監督:吉田浩太/2006年/42分
    単品価格:500円
    セット料金 800円
    •  
  • 監督メッセージ

    制作当時の自分のフェチ的欲求を何とか昇華したいと考えて作った短編映画です。
    アイデアの根幹はパンティを履いていない女性がボーリングをしたらそれはハラハラするだろう…というものだったので、
    高尚なメッセージなどは皆無の映画ですが、老若男女楽しめる映画かと思います。

    シノプシス

    森下なお(江口のりこ)は、女友達の梅野沙希(菜葉菜)と東京郊外でアパートをシェアして暮らしている。 
    なおの25歳の誕生日に、田舎の実家を飛び出したという弟の康太郎(中村邦晃)が、突然訪ねてきた。妙齢女子2人と若い男の同居がはじまったー。
    初日の夜。なおは、衝撃的な光景を目にする。寝静まった居間の片隅で、康太郎が、なおのパンツに顔を埋め、匂いをアフアフ嗅いでいる。
    興奮しつつ、心と体の片隅が疼きだす、なお。翌日。沙希と三人で街に出かける。後ろからついてくる康太郎の視線は、なおの下半身に注がれているのか?
    なおが濡れだす。かすかなリズムを刻む康太郎のバッグの中は、はたして隠しカメラが?!
    寂れたボーリング場で、なおはこっそりパンツを脱いで…。
    腰を低くして、腰をつきだして、ボールをレーンに落とすと、なおのスカートがふんわりと、弟を誘う。あら見えちゃう!ちゃんと見えてる?ちょっと見てる!!

    スタッフ・キャスト

    監督:吉田浩太

    出演:江口のりこ 中村邦晃 菜葉菜 森本73子(声の出演) 

    コラム(感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」内の記事)

    https://cinemarche.net/column/cinedi-oneetyan/

     

    2006年/42分