単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

アーガースワーディ村

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • なら国際映画祭2020 ナラウェイブ参加作品

    アーガースワーディ村の人々の困難や、それによって生じた人間関係などを描くドキュメンタリー映画

    監督:ラメシュ・ホールボール/2018年/20分/インド
    単品価格:300円
    セット料金 1,500円
    • -
  • 監督メッセージ

    私は、環境問題や労働階級の人々を映す作品を創ることに興味があります。これはビームラーオとの偶然の出会いから、世間から取り残された老人たちが干ばつから生まれるさまざまな問題と戦っている姿をとらえたいと思い創りました。

    シノプシス

    村は干ばつがひどく、雇用機会もない。若者は次々と故郷を離れて、村には年寄りと子どもだけが取り残されている。そんな中、ビームラーオはやむなく自分で井戸を掘っている。この作品はアーガースワーディ村の人々の困難や、それによって生じた人間関係などを描くドキュメンタリー映画。

    スタッフ・キャスト

    監督:ラメシュ・ホールボール

    出演:ビームラーオ・ジャドハブ

    2018年/20分

    監督プロフィール

    ラメシュ・ホールボール

    プネとムンバイを拠点に活動する映画監督。2020年に「インド国立映画テレビ学院」で監督・脚本製作の修士号を取得。映画制作を学ぶ前はマラーティー語文学を研究していたほか、さまざまな文化的・社会的活動に参加していた経験がある。『アーガースワーディ村』で国内外の映画賞を受賞。現在、次作の長編ドキュメンタリー制作に力を注ぐ。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    サタジット・レイ、アキ・カウリスマキ、スパイク・リー、スタンリー・キューブリック
     
    Q.関心のあるテーマは?
    社会問題に興味があります。今現在、街を転々と移り住む少年についてのドキュメンタリーを作っています。

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    社会に起こっていることに目を向けてもらうことを考えています。

    Q.注目している監督は?
    河瀨直美監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『タクシードライバー』のトラビズ・ビックル

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    世界のどこでも