単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

15歳の総理大臣

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 第6回(2020)あわら湯けむり映画祭出品作品
    グランプリ作品

    遠山景織子演じるママ総理VS娘の熱烈ラップバトルムービー!

    監督:胡麻尻亜紀/2019年/27分
    単品価格:300円
    セット料金 600円
    • -
    • -
  • 監督メッセージ

    輝かしい経歴、計画通りの人生、だけど人生の正解って?
    日本国民総スカンの日本初女性総理大臣を演じる遠山景織子さんのコメディエンヌぶりに注目して欲しい。
    また、人気ラッパーTKda黒ぶち氏監修による母娘ラップバトルは純粋にラップとしても楽しめる、ライブ感あふれる作品に仕上がっています。

    シノプシス

    日本初の女性総理大臣となった印南一子。しかし、計画至上主義を掲げる内閣の支持率は低迷。ラップでしか会話をしない思春期の娘や、突然の秘書の辞職にイライラは募るばかり。そんな時、夢か現か…一子は突然15歳の姿となり、娘と中学校の生徒会長選を戦うことに!しかもまさかのラップバトルで!果たして勝負の行方は?
    前代未聞!ママ総理VS娘の熱烈ラップバトルムービー。
    伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞2018短編の部・大賞受賞作品の映画化。

    スタッフ・キャスト

    監督・脚本:胡麻尻亜紀

    出演:遠山景織子 森累珠 押元奈緒子 本間淳志

    2019年/27分

    監督プロフィール

    胡麻尻亜紀

    完全な体育会系人間だったが膝の故障をきっかけに未知のジャンル(脚本)に挑戦することに。
    2013年から脚本を学び、現在は主に脚本家として活動中。(ドラマデザイン社第23期シナリオインキュベーション所属) 2018年伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞【短編の部】大賞を受賞し、翌年受賞作『15歳の総理大臣』で初監督を務める。2020年第6回あわら湯けむり映画祭グランプリ受賞。
    タイ語とタイ料理が得意。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    【作家】向田邦子さん、坂元裕二さん、古沢良太さん、吉本ばななさん、角田 光代さん
    【作品】『バグダッド・カフェ』『ゆれる』『わたしは、ダニエル・ブレイク』
     
    Q.関心のあるテーマは?
    常に心にあるのは、家族、親子、夫婦、兄弟姉妹、恋人、友人、などの人間関係における確執や葛藤、居場所。ここ何年かは「選択制夫婦別姓」についてあれこれ考え試行錯誤しています。

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    本作で初めて監督を経験して、改めて脚本の重要さを実感しました。
    脚本を書く際にはどうやったら魅力のあるキャラクターになるかに注力します。
    特に人生で苦しい経験や挫折をした時こそ「ネタになるラッキー!」と思うようにしています。

    Q.注目している監督は?
    伊参スタジオ映画祭・歴代監督、西川美和監督、ケン・ローチ監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『キンキーブーツ』のローラ

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    ホッピーが飲める場所(特に大衆酒場、町中華)、図書館