単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

美しいロジック

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 広島こわい映画祭2020出品作品

    言葉を失った生活。咀嚼音を手がかりに大切な人の想いを感じて…

    監督:村口知巳/2019年/22分
    単品価格:300円
    プログラムA セット料金 1,400円
  • 監督メッセージ

    この短編映画は、ある特殊な音をモチーフにした物語です。それが何の音であるかは、ぜひ本編をご覧いただき、その音に耳を澄ましていただければと思います。

    シノプシス

    プログラマーの鎌田は、あらゆる無駄のないロジック「美しいロジック」を追い求め、自らの存在さえも捨てていく。一方、恋人の久那は、鎌田との同棲生活の中で、自らの存在を消していく恋人に愛のよりどころを失いそうになる。そんなある日、無言の鎌田から聞こえて来る、ひとつの音の存在に気づき、久那はある想いに至る。

    監督・キャスト

    監督・脚本:村口知巳

    出演:つかさ 長屋和彰 佐々木七海

    2019年/22分

    監督プロフィール

    村口知巳

    香川県出身。2017年、伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞にてグランプリを受賞。受賞作の『あるいは、とても小さな戦争の音』を自ら初監督し、翌年のショートショート フィルムフェスティバル & アジア2019にノミネート。その後『あるいは、とても小さな戦争の音』に続く、音の三部作シリーズを制作し、二作目の『サウンド・リザバー』が渋谷TANPEN映画祭CLIMAXat佐世保にて脚本賞・主演女優賞を受賞、三作目の『美しいロジック』がMonmouth Film Festival(アメリカ)にてBEST SHORT FOREIGN FILMを受賞し、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭にも選出される。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    ブライアン・ウィルソン『スマイル』
     
    Q.関心のあるテーマは?
    孤独の幸せ

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    シナリオ

    Q.注目している監督は?
    宮原拓也

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『スモーク 』のポール・ベンジャミン

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    お布団の冷たいところ