単品購入(300円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。

残光に祈りを

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • 第31回東京学生映画祭 特別賞<DOKUSO賞>受賞

    16mmフィルムに収めた「名も無き青年の叫び」の物語

    監督:村本晃来/2019年/30分
    単品価格:300円
    プログラムA セット料金 1,100円
  • 監督メッセージ

    本作は16mmフィルムにて撮影を行っています。フィルムの質感や色味、作品のトーン、雰囲気など、画面から感じ取れるものを存分に吸収して、咀嚼していただければと思います。

    シノプシス

    「花火の轟音に消える、名も無き青年の叫び」
    花火大会のある日、自らを総理大臣と名乗る青年は、放射性物質を混入させた、核花火を打ち上げたと出頭する。

    監督・キャスト

    監督・脚本・編集:村本晃来

    出演:宮田秀道 宇野愛海 御子柴彩里 小野孝弘

    2019年/30分

    監督プロフィール

    村本晃来

    1997年11月15日生まれ、埼玉県和光市出身。
    日本大学芸術学部映画学科卒業。現在はフリーランスの助監督として映画・ドラマに参加している。

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    『マトリックス』
    『シックスセンス』

    Q.関心のあるテーマは?
    社会性

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    エンタメ力

    Q.注目している監督は?
    白石和彌監督
    濱口竜介監督

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『宮本から君へ』の宮本

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    実家