単品購入(1,000円) 購入済の方は、ログインすると視聴できます

視聴期限は視聴開始後ではなく、購入後3日間になります。
配信終了後は残日数があってもご視聴いただけません。

老人ファーム

 
視聴期限は"視聴開始後"ではなく、"購入後"の3日間になります。
  • カナザワ映画祭観客賞 老人ホームで働く⻘年の心の葛藤を描いた映画

    監督:三野龍一/2019年/82分
    単品価格:1,000円

    独占配信
  • 監督メッセージ

    世間で当たり前だとされることやルールとは一体何なのか。本当に優しく、本当に責任感のある人間は、とても生き辛い世の中だ。それは、本当に自分自身の意思なのか。自分に正直なってもいいのではないか。 全て捨てて、己の為だけに生きてもいいのではないか。私はそのような人達を肯定したい。

    シノプシス

    母親の病気をきっかけに、田舎にある実家に帰ってきた主人公・和彦。彼は職を変え老人ホームで介護士として働き始める。職場では老人の介護をして、家では母親の愚痴を聞く。何もかも真面目にやっているはずなのに、なぜか心が満たされない。そんなある日、老人ホームに入居しているアイコと出会う。気の強いアイコに影響を受け、和彦は仕事で老人に尽くすことで、生きている実感を掴もうとしていく。しかし突然、アイコが施設からいなくなってしまう。何故アイコは姿を消したのか…。
    アイコとの心の繋がりを信じていた和彦は、理解ができないままアイコを探し始める。そこで見つけたアイコの姿とは…。
    監督、脚本をともに長編初作品となる三野兄弟が手がけ、兄の三野龍一が監督を、弟の三野和比古が脚本をそれぞれ担当した。カナザワ映画祭で観客賞受賞、さぬき映画祭で招待作品に選出された。

    監督・キャスト

    原作;MINO Bros.
    監督:三野龍一
    脚本:三野和比古

    出演:半田周平 麻生瑛子 村上隆文 合田基樹 山田明奈 堤満美 亀岡園子 白畑真逸

    公式サイト

    https://www.cine-mago.com/rojinfarm

    三野龍一・和比古インタビュー(感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」内の記事)

    https://cinemarche.net/interview/rojinfarm-mino-bros/

    コラム(感想レビュー&考察サイト「Cinemarche」内の記事)

    https://cinemarche.net/drama/rojinfarm-mako/
    https://cinemarche.net/column/shinin-3/

     

    2019年/82分

    監督プロフィール

    MINO Bros.

    兄の三野龍一が監督、弟の三野和比古が脚本を担当する、兄弟による映画制作チーム。
    初の長編監督作品『老人ファーム』は「カナザワ映画祭 2018」にノミネートされ、観客賞を受賞し、2019 年 4 月より渋谷・ユーロスペースほか、全国公開を果たす。 二作目「鬼が笑う」は、今後は海外や国内の映画祭に順次出品予定。2022年の劇場公開を目指す。
    https://onigawarau.minobros.net

    監督Q&A

    Q.(映画に限らず)影響を受けた作品やクリエイターは?
    『タクシードライバー』 北野武

    Q.関心のあるテーマは?
    自由と放棄

    Q.映画づくりでこだわっていることは?
    偏見とバランス感覚

    Q.注目している監督は?
    アリ・アスター

    Q.映画の中のキャラクターとして生きるとしたら、どの映画の誰がいいですか?
    『トラック野郎』の星桃次郎

    Q.居心地の良い場所はどこですか?
    自宅